Luzlin

生理前にお腹が張る原因はアレだった!?対処・予防方法を知って快適な生活を

time 2017/02/08

生理前にお腹が張る原因はアレだった!?対処・予防方法を知って快適な生活を

生理前にお腹が張ってつらい…

そんな思いを女性なら1度はしたことあるのではないでしょうか?

人によって苦しさは様々だと思います。
でも、本当にどうにかしたいっ!!

そう思っている人も少なくないと思います。

原因と対処法を知って、お腹の張りを撃退してしまいましょう(*^^*)

生理前にお腹が張る原因

張る原因
生理前にお腹が張るのは、生理前症候群(PMS)のひとつです。

原因は「腸の活動が低下し、ガスがお腹にたまるため」というのが共通してます。

腸の活動が低下する原因は、次の5つです。

【便秘でガスが排出しにくい】
生理前はホルモンの関係やPMSの症状から、便秘になりやすくなってしまうのです(´Д⊂…

出口が塞がれることで、腸内のガスが排出されずにたまることで、お腹がどんどん張ってしまいます。
便秘の改善を!

【子宮の圧迫】
生理前は妊娠しやすいからだを作るために、子宮に養分や水分を蓄えます。

そのため子宮が膨張し、腸を圧迫して活動を低下させるのです。

活動が低下した腸がガスを溜め込み、お腹が張って苦しくなります。
ホルモンバランスや生活習慣を気をつけて!

【ストレスによる活動の低下】
腸の活動が低下するのは、ストレスも影響することがあります。

とくに生理前はストレスがたまりやすくなります。
ストレスをためない生活!

【むくみ】
むくみは見える部分だけでなく、実は腸などの内臓も生理前にむくむことがあります。

それにより腸の圧迫・活動低下が起こりお腹が貼ってしまうのです。
マッサージや、事前の生活習慣で改善

【暴飲暴食】
過度の飲食により、胃の消化機能が追い付かず、消化不全を起こしやすくなります。

特に脂肪分の多い肉や加工食品などばかりを食べている場合に起こりやすいです。
規則正しい食生活

生理前のお腹の張りの症状

このような3つの症状が見られます。

  • お腹に空気が溜まっているような不快な苦しさ
  • 下腹部に鈍い痛みを感じる
  • 酷くなると強い激痛を感じる

排卵後から生理が始まる1~2週間が、お腹が張りやすくなると言われています。

お腹の張りと便秘症状の違い

便秘かお腹の張りかで対処法が変わってくるので、違いを見極めましょう(ΦωΦ)

  1. 温めると痛みが和らぐ=お腹の張り
    生理前のお腹の張りの場合は、ホッカイロなどで下腹部を温めると痛みが和らぐ場合があります。
  2. 3日以上の排便がない=便秘
    便秘の症状の場合は、3日以上排便がないとガスが溜まりぽっこりお腹になるなど見た目にも変化が現れてきます。

お腹が張った時の対処方法

お腹が張って苦しい…。
そんな時はどうしたらいいの?


対処法を知って、少しでも楽になるようにしましょう^^
貼った時の対処法

【お腹を温める】
体に吸収されやすく、体も温めてくれる白湯はおすすめです。
体が1回に吸収できる水分はコップ1杯分なので、少量をこまめに摂るようにしましょう。

また、ホッカイロなどで外から暖めるのもいいですよ。

【マッサージ】
右半身を下にして横になり、おへそ周りを中心に「の」の字を書くようにやさしく10分程マッサージを行います。

直接的に刺激することで、活動を促して腸の活動を高めるのです。
*痛いと思ったら、無理して続けると逆効果なので気をつけて!

【ストレッチ】
仰向けに寝そべり、片足もしくは両足を抱える。
→息を吐きながら足を胸の方向へ持ち上げ、そのまま腹式呼吸を繰り返す。

腹筋を鍛えることでお腹の張りを抑えることができます。

【腸内環境を整える】
ヨーグルトなど、善玉菌を増やす食品を摂るようにしましょう。
乳酸菌は便秘の解消に効果的で腸内環境を整えてくれます。

また根菜類・サツマイモ・海藻類などで、食物繊維を積極的に摂るように。
腸の運動を促進し、善玉菌を増やしてくれますよ。

ただし過剰摂取は悪玉菌の増える要因になるので要注意!

【ツボを押してみる】
腸の機能を活性化してくれるツボ押すのも効果的です。

  • 天枢(てんすう)
    天枢
  • 大巨(たいこ)
    大巨
  • 中かん
    中かん

出典;便秘解消すぐ.com

ツボは強く押しすぎず、ほどよい強さで刺激してみてくださいね^^

薬で改善

どうしようもならない場合は薬に頼るのもありですよ。

張って苦しいままでいることほど辛いことはないですから(´Д⊂…

そんな時に一役買ってくれるのが、『漢方』です。
馴染みのない人には、何がいいのかわからないと思うので少しご紹介します。

主な原因であるPMSを解決することで、全体的な改善につながります。
PSMにおすすめ漢方、3つです。

【当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)】
血行をよくし、ホルモンバランスを整え、むくみや貧血にも有効です。

また痛みを和らげる効果もあるので、ほかの症状が出ている場合にもおすすめですよ。

体質的には細身の人や貧血気味の人に向いています。

【加味逍遥散(かみしょうようさん)】
下半身をあたため、上半身を冷ましてくれる漢方です。

ホルモンバランスを整える効果もあり、さらに精神的なケアにも効果を発揮ししてくれます。

体質的には疲れやすかったり、イライラしやすい人向け。

【防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)】
とくにむくみに有効です。

からだのなかの水分の循環をよくすることでむくみを改善します。

体質的には太り気味やよく汗をかく人が向いています。
病院

あまりに酷いときは病院で処方してもらってくださいね!
無理は禁物です!!

日常生活で予防する方法

日々の生活もお腹の張りに影響を及ぼしています。

少し変えるだけで、改善されていくこともあるので気をつけてみましょう^^

【糖質や脂肪の多い食事を控える】
糖質や脂肪の多い食事は、悪玉菌が増える原因となりガスが発生しやすくなります。

控えた食事を心がけることで、ガスの発声を抑えることに繋がります。

【軽い運動をする】
ヨガやウォーキングなど、無理のない程度に気持ちよく体を動かしてみてください。

血行を良くし、全身の代謝を上げて老廃物の排出を促してくれますよ。

【下半身を温める】
下半身の血行を良くすることで全身の代謝がアップし、お腹の張り改善と予防に繋がります。

半身浴をしてリラックスしたり、日頃から下腹部にホッカイロを貼るといいですね。

【早い時間に寝る】
早寝早起きの習慣がつくと、体の不調も改善しやすくなります。

NG行動

お腹が張った時に、してはいけない行動が3つあります。
NG

  • 締め付けない
    腸を圧迫するとガスの排出が悪くなってしまいます。

    長時間座ったままやきつめのガードルやストッキングなどはしないようにしましょう。
  • 水分を摂り過ぎない
    水分や塩分を摂りすぎると、むくみの原因になります。

    結果、張りを酷くすることに…。
  • アルコールを控える
    アルコールも生理前のお腹の張りに関係しているので控えたほうがいいですね。

お腹の張り改善
いかがでしたか?

今まで原因も分からず、お腹の張りに悩まされていた人もいると思います。

改善にむけて生活を見直してみてください。
気づかないうちに、腸の活動を低下させるようなことをしているかも!

張ってしまったら、これ以上酷くならないようにいろいろ試してみてくださいね。

生理前のお腹の張りの苦しさから、開放されちゃいましょう(*^^*)

美容カウンセラー恵梨
1974年生まれ
東京女子医科大学卒業
都内某有名クリニックで管理主任を務め
美容カウンセラーとして独立。
現在は美容メディアや地方講演など多方面で活躍中。