Luzlin

肩ニキビの意外な原因とは?治し方を習慣化しよう。

time 2016/11/19

肩ニキビの意外な原因とは?治し方を習慣化しよう。

肩にぽつっとできてしまうニキビ。

普段見えづらい場所なので発見が遅れがちです。

 

ファッションを楽しめなかったり、

温泉で恥ずかしい・・・

そんな思いをしたことが

あるのではないでしょうか?

 

原因は肩ならではのこともあるんですよ。

5つの肩にニキビができる原因

ニキビができるのは、何らかの原因で

毛穴がつまり、つまった毛穴の中で

菌が増殖することで起きる炎症です。

 

できるメカニズムは同じでも、

体の部位によって原因になる習慣は

変わってきます。

kata-nikibi

肩にニキビができる習慣とは?

1つずつ見ていきましょう。

 

洗い残し・すすぎ残し

kata-arainokoshi

肩ニキビの原因として、

皮脂や汚れが残っている。

つまり清潔ではない状態であることが

考えられます。

 

手が届きにくいですし、

洗い残しても気づきにくいのが原因です。

そのため無意識のうちにニキビが

できやすい状態になってしまいます。

 

意外かもしれませんが、

肩も皮脂分泌があります。

そのため、汚れが溜まると毛穴が塞がれて

ニキビができてしまうのです。

 

また、シャンプーやリンスが

肩に落ちたまますすぎ残しがあると

毛穴につまり、こちらもニキビの原因に。

 

汗で雑菌が繁殖しやすくなる

ase-denin

実は、肩から背中にかけて

皮脂が多く分泌される部位なのです。

 

そのため、汗と皮脂が混ざりやすいゾーン。

 

汗が毛穴に入り込んで蒸発すると

混ざっていた皮脂の汚れだけが残って

毛穴つまりが起こりやすいのです。

 

さらに肩は洋服で覆われているので

蒸れやすく、雑菌が毛穴の中で

増えやすいと考えられています。

 

そのため、雑菌が毛穴を刺激し

ニキビが出来やすくなってしまうのです。

 

紫外線による日焼け

hiyake-taisaku

夏になると

肩を出したファッションも可愛いし、

海やプールに行きたくなるものです。

 

しかし、日焼け対策は

きちんとしていますか?

 

日に当たると、皮脂が酸化して

毛穴につまりやすくなるのです。

そのままニキビになる、

ということも少なくありません。

 

日焼け止めを腕には塗ったのに

肩は忘れていた・・・

なんてこともあるようなので、

気をつけたいですね。

 

一見関係なさそうな、肩こり

katakori

意外に思った人も多いかもしれないですね。

肩こり=ニキビとは、

なかなかつながらないですよね。

 

肩こりの原因は、

主に筋肉疲労だと考えられています。

筋肉が疲れて固くなった状態では

血行が悪くなり、代謝が落ちてしまいます。

 

すると、垢として落ちるはずの古い角質が肌に残り

毛穴のつまりが起きやすくなってしまうのです。

 

また、肩こりが起きると無意識に

手でさすったりしてしまいますよね?

直接触れることで、雑菌が

繁殖してしまう可能性が高くなるのです。

 

生活習慣の乱れ

seikatu-midare

これは肩ニキビだけではありませんが、

ストレスや睡眠不足・暴飲暴食は体にも悪いし、

ニキビにもよくありません。

 

ホルモンバランスが乱れ、その作用により

皮脂が増加したり、肌が固くなるのです。

そのせいで毛穴に詰まりやすくなってしまうのです。

 

ターンオーバーも低下してしまうので、

肌の質の低下につながります。

ニキビができやすく、

治りにくくなってしまうので

気をつけたいところですね。

 

肩ニキビの治し方

肩にできてしまったニキビ。

気づいていなくて、肩を出してしまっていた。

そんな経験もあるのではないでしょうか?

 

「恥ずかしい・・・」

nikibi-hazukasii

そんな思いをしなくていいように

正しい治し方を覚えて、自信を持って

肩を出せるようにしてみませんか?

 

お風呂での洗い方

まず、洗う順番が重要です。

髪→顔→体

この順番で洗いましょう。

 

逆の順番で洗ってしまうとどうしても

体に泡が残ってしまいがちです。

karada-araikata

そして、髪を洗った後は

まとめておきましょう。

髪が長い人は、肩に髪が

当たってしまうのでよくありません。

 

また体を流す時は、肩からつま先へ

流すようにするとすすぎ残しを防ぐことができます。

 

汗対策

汗は完全にふき取ってしまうと

体温調節ができなくなったり、

乾燥してしまうことがあります。

 

ウエットシートなどで濡れたもので

優しく押さえるようにふき

清潔な状態を保ちましょう。

ase-hukitoru

また、寝具も問題です。

人は季節問わず、寝ている間も

コップ1杯分の汗をかくと言われています。

 

その汗や汗と一緒に体から離れた

皮脂や垢が寝具につき、

ダニや細菌が増えやすくなります。

 

なので、寝具は通気性のいいものを選び

こまめに変えるのがオススメ。

天気がいい時は、

干すようにするのもいいと思いますよ。

 

生活の見直し

現代社会では、ストレスを

感じないことはないと思います。

自分なりの解消方法

身につけた方がいいでしょう。

 

意識的にリラックスタイムを作るのは

効果的です。

何か趣味を持ってみたり、

十分な睡眠や適度な運動も

ストレス軽減につながります。

 

運動は肩こりにもいいので

積極的に取り入れたいものですね。

 

また、食生活の見直しも。

バランスの良い食生活を心がけることで

長期的ではありますが、

ニキビができにくくい肌になっていきます。

 

  • 魚、肉、大豆
    →肌をつくる元になる
  • にんにく、レバー、カツオ
    →肌の代謝を活発にする
  • のり、いちご、ブロッコリー
    →メラニン色素を抑える
  • 唐辛子、アーモンド
    →肌の酸化を抑える

これらの栄養素・食品を意識して

摂取するようにしましょう。

 

肩に負担をかけない

「洋服に隠れているから大丈夫」

そう思いがちですが、隠れているからこそ

忘れてしまいがち。

 

バックを肩から下げると、

摩擦でニキビが潰れてしまうことも。

ニキビを潰してしまうと

跡が残りやすくなってしまいます。

 

できるだけ、

手提げタイプのバックにするといいですね。

 

紫外線も肩に負担がかかりますし、

ニキビの原因です。

 

暑い時期は肩を出してしまいがち。

 

UV加工されている衣服を着たり、

日傘をさしたり、

日焼け止めをこまめに塗るなどして

紫外線を避けるようにするといいですよ。

 

ニキビダニによるニキビダニ症

少し変わった症状をご紹介します。

正確にはニキビではないのですが、

ニキビによく似た症状を起こすダニがいるのです。

 

肩にできることが多いので、

気をつけましょう。

 

赤く腫れ、かゆみを帯びるのが特徴の

『ニキビダニ症』

nikibidani

ニキビダニというダニが原因なのですが、

このダニはヒトの顔に生息しているダニの一種。

 

基本的には皮膚に悪い影響を及ぼすことはありません。

むしろ、皮膚上の余分な皮脂や皮質を食べてくれるので

いなくてはならない存在と言えます。

 

しかし、布団などを洗っていない、

清潔にしていないとなると話は別です。

 

冬でも寝ている間に汗はかきます。

そのため菌やダニも発生しやすくなっているのです。

 

冬だからと安心はできません。

ニキビダニが多数発生してしまい、

ニキビダニ症になる可能性があるのです。

 

この症状が出たとしても

1〜2週間で治ることが多いです。

 

もし治りが遅い場合は、

抗炎症作用と殺菌性のある薬を塗るといいですよ。

 

kata-kireini

いかがでしたか?

肩こりやダニなど意外なものも

原因だったのではないでしょうか。

 

ちょっとした生活の改善で

治していくことができます。

 

1度習慣にしてしまえば、

ニキビのできにくい生活を

送っていくことができますよ。

 

できてしまったニキビは早く治してしまい、

肩を気にすることなく、

ファッションや遊びを楽しめるようにしましょう ^ ^

美容カウンセラー恵梨
1974年生まれ
東京女子医科大学卒業
都内某有名クリニックで管理主任を務め
美容カウンセラーとして独立。
現在は美容メディアや地方講演など多方面で活躍中。

down

コメントする