Luzlin

クリスマスが終わったら…お正月♪美味しいものが多い時期。 太らないように予防が大事!

time 2016/12/26

クリスマスが終わったら…お正月♪美味しいものが多い時期。 太らないように予防が大事!

昨日はクリスマス(*^^*)
恋人だったり、家族や同僚と過ごした人が多いんじゃないかと思います。

私も友達とケーキ食べたり楽しみました♪
クリスマスケーキ

久々に会う友達だったので、話がとまらなくて…何時間話してたのかなって感じです(笑)

美味しいご飯に、ケーキに、楽しい時間でした♪
やっぱりこういうイベントは楽しく過ごせていいですよね(*^^*)

帰る途中では、イルミネーションの堪能できましたし。
イルミネーション
最近は家でも凝ってる物してて、すごいですね!

クリスマスも終わって、あとは年末年始^^
「お正月は楽しいことも多いけど、太るから嫌だぁ…」
そう思ってませんか?

ちょっとしたことで解消できるので、憂鬱にならずに実践してみてください(ΦωΦ)

正月太りの原因

お正月
正月は美味しいごちそうとお酒、そして体を動かさず食べる機会が増えるので、脂肪も付きやすく太りやすい時期

正月太りで困らないように予防することも大切です。

この時期に太るのは、食べるものとその量、あと動く機会が少ないのが原因なのです。
正月に食べるものは、炭水化物のものが多く、さらに味付けも濃いものが多くなっています。

おせち料理は日持ちを考えて作るものなので、必然的に味が普段より濃くなります。その分、砂糖や塩分を多く摂取するので体重に影響が出てくるわけです。

また運動不足にもなりやすく、普段の半分以下しか動いていない人もいるほど。
それでは食べたものが燃焼されることもないですし、むくみやすくもなってしまいます。

寒い時期でもあるので、基礎代謝が落ちてしまっているのも原因の1つかもしれません。

これだけ、正月は太りやすくなる要因が揃っています。気をつけないと、年始明けがとんでもないことになるかもしれません(´Д⊂…
太りすぎ

予防方法

1番は食べる量を気をつけることです!

美味しいからと言って食べ過ぎてしまうと、一気に正月太りへ一直線…。おせち料理はエビやかまぼこなど、海鮮ものも多く炭水化物を少なめに抑えることができます。

甘いものや炭水化物はなるべく食べずに、海鮮系やお豆の食べ物を中心に食べるといいですよ(*^^*)

また、イベントを見つけて外出するのもいいでしょう。
もちつき

寒いから外に出たくないもの分かります。でもそれでは脂肪は燃焼されずに、どんどん体に蓄えられてしまいます…

引きこもりになりがちですが、正月はイベントも多い時期
初売りや初詣、初日の出などはもちろん、住んでる地域ならではのものもあるかもしれません。

どうなのかな?って思っていたイベントも、参加してみたら楽しい!なんてことはよくあることです。

正月太りを解消するためには、ちょっと無理矢理にでもイベントに参加してみるといいかもしれないですよ。

あとは、冷え対策もしっかりしましょう。身体の冷えはダイエットの大敵ですからね。
冷え対策

部屋の中では暖房をしっかりつけて、身体がポカポカするくらいに設定してください。

トイレなどに行く時には、必ず何か羽織って、少しの時間でも身体を冷やさないようにするといいですよ。

また、意外と重要なのが腹巻きと靴下
お腹と下半身を冷えから守ることで、面倒なところに脂肪が着くのを防ぎやすくなるのです^^

特に外に出るときには、厚手の服を着るようにして、中には腹巻きやヒートテックなどをしっかりと着こむこと。可能な限り身体を冷えから守りましょう。

正月太り解消
ちょっとしたことを気をつけるだけで、正月太りは予防できます。

お休み明けの出勤で「あれ・・・?」なんて言われないようにしたいですね(*^^*)

美容カウンセラー恵梨
1974年生まれ
東京女子医科大学卒業
都内某有名クリニックで管理主任を務め
美容カウンセラーとして独立。
現在は美容メディアや地方講演など多方面で活躍中。