Luzlin

どう使う?即効で小顔になれるテーピング!リフトアップテープの効果は…

time 2016/12/20

どう使う?即効で小顔になれるテーピング!リフトアップテープの効果は…

小顔が作れるテーピング、知ってますか?

テーピングして、顔を引っ張ると手っ取り早く小顔になれるのです!楽々ほうれい線や顔のたるみを引き上げて、理想の小顔をすぐ作れるというわけ。

今までシワやたるみに苦しんできた人には救世主かも・・・!

正しい知識を身に着けてから、やってみたらビックリしますよ(*^^*)

小顔を作るテーピング方法

テーピングは、リフトアップテープとも言います。

リフトアップテープは、その名前のとおり顔のたるみをリフトアップするもの。

なんと!あのレディー・ガガも使っていると明かしているのです。有名人が使ってるならいいものでしょ!そう思いますよね。

テーピングの効果

リフトアップテープでテーピングすることにより、顔の皮膚をリフトアップさせます。

結果、ほうれい線・目尻のシワ・フェイスラインのたるみ・二重あごなどを目立たなくできるのです。

テープを外すと元に戻るので、効果は一時的。でもかなりの即効性があり、フェイスラインもスッキリ見せれば小顔に^^

嬉しい

テーピングは髪の毛で隠せるし、上からメイクもできるので、目立たなくできるのもいいところ。一気に若々しい顔になったり、コンプレックスが解消できます。

それなら毎日やったら小顔になれる!

そう思うかもしれないけど、毎日やるのはちょっとオススメできないです。なので、大事な日だけにしておきましょう。

小顔が作れるテーピング方法

ではでは、どのようにテーピングをしていったらいいのか見ていきましょう(ΦωΦ)

テーピングには、リフトアップ専用のテープを使うこと。低刺激で、肌に負担をかけないものが多いです。

1度貼ってみて、肌がかぶれたり荒れたりしないか確認してから使いましょう。

    【やり方】

  1. 鏡で顔を見ながら、こめかみ、耳の後ろなどを指で引き上げてみて、気になるところがグッと持ち上がるところを探す。

    *できれば、こめかみなど、髪の毛で隠れるようなところのほうがテープが目立たなくていいですね。
    貼る位置確認
    出典;テープ美容の元祖!お肌をリフトアップするテープ
  2. ベストなポイントが見つかったら、貼るところの汗などをコットンでふきとり、貼り付ける。

    *この時、皮膚を引っ張り過ぎると、変に皺ができたりするので気をつけて!

    【貼る位置の基本】
    耳の後ろ:ほうれい線・フェイスラインに効果的
    耳の前:耳元のたるみ・毛穴のひらきに効果的
    こめかみからおでこ:目元のたるみ
    貼る基本
    出典;テープ美容の元祖!お肌をリフトアップするテープ
  3. テープによりますが、上からメイクができるものであればメイクをして、髪の毛やウィッグで隠して目立たなくする。

とっても簡単です(*^^*)
大抵は、こめかみや耳の後ろに貼ることが多いです。でも、人それぞれ気になるところは違うので、自分なりのテーピングベストポイントを探して貼るのが1番効果的。

こんな動画もあったので、参考にしてみてください。

出典;YouTube動画

こちらは有名なかづきれいこさんプロデュースのリフトアップテープの貼り方です。同じように貼ったり、応用できる部分があると思いますよ。

テーピングの落とし穴

あっという間に理想の顔になれるテーピング。

毎日やりたい!

そう思うのも仕方ないかもしれません。
でも毎日使うと後々大変なことに…
ダメ

テーピングは顔の皮膚をグッと引っ張り上げてリフトアップさせるので、顔の皮膚が伸びてしまう可能性があるのです。

結果、たるみを持ち上げるために使って、更に顔のたるみを招く悪循環になることが(;´∀`)

テープをはずしたら使う前より酷い!?
なんてことになる可能性が高いです。

また、血液の循環も悪くなります。そうなると肌の栄養状態が悪化し、異常なコラーゲンができてしまいます。

長い目でみるとテープの使用が老化を早めてしまう結果に繋がるのです。

それに、テープが肌に合わないと肌トラブルの原因になることも。もしやるのなら、1度試しに引っ張らずに顔に貼ってみて、大丈夫か見たほうが安心ですよ。

なので、今日はどうしても!そんなここぞという時だけ、使うようにしたほうが良さそうです。
大事なこと

テーピングの方法もお話しましたが、やっぱりこれは一時的なものなのであんまりオススメはできないです(;´∀`)

小顔を目指すのなら、顔の筋肉を使ったり、正しいマッサージをして普段の顔をすっきりさせることを目標にしたほうおがいいですよ。

実は顔は生活において、そこまで筋肉を使っていません。なので、少し意識してやるだけでだいぶ印象変わってきます。

1週間あればシャープなお顔にすることができますよ。

テープに頼らず、小顔になりたい!
そんな人はこちら参考に(ΦωΦ)
たった7日間で見違える!?1週間の顔痩せ方法

テーピングの結論

いかがでしたか?
テーピングはテープを貼るだけで理想な顔になれるので、1回やってみたら頼りたくなるのもわかります。

でも、それはたるみや肌荒れにつながってしまうかも…

テーピングは、小顔になる前のここぞという時だけにして、マッサージや筋肉をつけることで顔痩せを目指したほうが、後々絶対いいですよ(*^^*)

美容カウンセラー恵梨
1974年生まれ
東京女子医科大学卒業
都内某有名クリニックで管理主任を務め
美容カウンセラーとして独立。
現在は美容メディアや地方講演など多方面で活躍中。