Luzlin

リバウンドなし!正月太り解消で劇的に美しくなる!! 

time 2017/01/17

リバウンドなし!正月太り解消で劇的に美しくなる!! 

忘年会、新年会と年末年始、お正月は楽しいことが続きますよね。

楽しさゆえ、ついついはめをはずして暴飲暴食!なんてことは毎年恒例?!

気づいた頃には、あれれ?顔がパンパン!スカートがきつい!どうしよう!!

そんな後悔と焦りからのお正月太り解消方法をご紹介していきます。

これであなたもリバウンドなし!劇的に痩せて美しくなって新年スタートしていきましょう。

お正月太りに効果的な解消法

糖質制限ダイエット

現在、糖質制限糖質コントロールと糖質を考えた食事が話題になっているけれど、そもそも糖質がなぜ太るのか?ってちゃんと理解できている人は少ないと思います。

なので、ここで糖質とダイエットの関係について覚えてしまいましょう。
糖質制限ダイエット
糖質とは、体に入ることでインスリンというホルモンが分泌されます

そのインスリンがエネルギーとして消費出来なった栄養分を体脂肪として体にため込んでしまうのです

特に糖質の摂取量が多ければ多いほど、食後のインスリンの分泌量も増えてしまうのでそれだけ太りやすい体になってしまうんです

ですから糖質制限や糖質をコントロールする食事というのはいかに”インスリンを節約する”かということになります。

いざ糖質制限を始めよう!

そう意気込んだのはいいものの、糖質を含む食べ物を完全に断つと、次第にストレスになり逆にリバンドしてしまったり、続かなくては全く意味がないですよね。

そこであえてゆるくやる糖質制限のやり方をご紹介します。

実はゆるくやる方法でもしっかりと効果あるんですよ。

まず糖質ってイコール、「炭水化物」だと思われている人って多いと思いますが実は糖類とでんぷんなのです。

炭水化物にはこの糖類とでんぷんが多く含まれているので炭水化物をやめたり、控えめにすると痩せやすくなるというわけです。

ゆる糖質制限のやり方

白米ご飯茶碗一杯(150g)に含まれる糖質の量は55g。ですからその半分の量、約70gを一回の食事の際に摂るようにすればいいです。

また基本的に白く精製された食べ物、砂糖、白米、白いパン、うどん、パスタ、ラーメン、小麦粉、片栗粉、お餅は糖質が高い食べ物ですのでこれらは意識的に控えるか、普段の半分の量にしておくなど意識をしていればようでしょう。

またイモ類、サツマイモ、ジャガイモ、里芋、長芋、かぼちゃや土の中で育つ冬野菜と呼ばれるものも人参、ごぼうなども糖質が高いので控えめにすると良いです。

もっと早く効果を感じたい方は、一気に断つ!厳しい糖質制限のやり方で、糖質量を初めの2週間は1日20gまでとして、2週間後からは1食を20gという食事を始めて見るだけでも、驚くほど効果を実感することでしょう。

ただしリバンドしないためにもゆるく長く1か月〜2か月は継続することを心がけてみましょう。

心がけてほしい食べ物

●ゆる糖質制限ダイエットで食べてもいいもの

  • 玄米ご飯やブランパン、めん類を1食当たり半人前 1食の量70gが理想的
  • 野菜をたっぷり、キノコ類、お肉、魚
  • ※ただし、かぼちゃやいも類、くり、人参、ごぼう、とうもろこし、トマトなど糖質が多い食材を使ったおかずは控えめに、またご飯との食べ合わせは糖質量が高くなるのでNG

●糖質が多いため、控えめにしたい食べ物

  • 揚げ衣、片栗粉(あんかけ),小麦粉(カレーやシチューのルー)
  • ソース、ケチャップ、甘いドレッシング、甘いみそ、みりん、砂糖、お菓子、ジュース、清涼飲料水

ヨガ・ホットヨガ

ヨガといえば、モデルや女優、ハリウッドセレブに大人気。
そして今や美の定番にもなったヨガ。

人気なのはわかるけど、なぜいいの?なぜ痩せるの?ヨガとストレッチって何が違うの?効果は?

そういう疑問をここでスッキリ解説して解決していきましょう。
ヨガ

効果に差が発生! ヨガとストレッチの違い

ストレッチ
ヨガとストレッチは筋肉の緊張をほぐし、血行を良くし柔軟性を高めることと、それによって肩こり改善や怪我の防止などの点で共通点があります。

ただヨガはこれに加えてインナーマッスルが鍛えられるため、姿勢が改善されて、それによって背中のぜい肉もスッキリとし、骨盤が矯正されることで腰回りが引き締まり、背骨の歪み矯正も期待できます。

またヨガは呼吸に意識を置いてほぐしていくため精神面を落ち着かせる効果やストレスを和らげるリラックス効果など心をコントールできるようになっていきます。

また呼吸に合わせながらポーズをとっていくうちに内臓がマッサージされていくため、食欲コントロールもできるようになっていきます

美容効果も高い

ヨガ
ストレッチは筋肉をほぐして柔軟性を高め、怪我の防止などのためにスポーツをする前や後に取り入れられていますが、ヨガはインナーマッスルを鍛えることで代謝力も上がります

そうなることでエネルギーの消費量も増えて必然的に痩せやすい体へと変化していくのです。

また流行りのホットヨガ、岩盤浴ヨガなどでは温かい中でヨガをすることによって、体が芯まで温められてより代謝力が高まり、内臓がマッサージされることで便秘解消にもつながり美肌効果が得られ、痩せる体へと変化していきます。

これはストレッチでは不可能なんです。

このように効果を見てみればストレッチとヨガは大きく異なるのです。

効果的なエクササイズとヨガポーズ

お腹・ヒップを引き締めるポーズ
  1. 両方のかかとをつけて立ち、親指の間に握りこぶし2つ分のスペースを作ってVの字のようにします。
    ヨガ
  2. 息を吸いながら両手を頭の上で合わせて、吐きながら上体を後ろに反らせていきます。
    (このまま吸って吐いてを3〜5呼吸しながらキープ)
    ヨガ
  3. 次の吸う息で上体を起こしてきたら、吐きながら今度はそのまま前方へ90度曲げていきます。
    (かかとはつけた状態。背骨はまっすぐ伸ばすことを意識します。目線は両手の指先に。このまま3~5呼吸しながらキープ)
    ヨガ
  4. 次の吸う息で上体を起こして、吐きながら両手を体側におろします。
  5. もう一度、息を吸いながら両手を頭の上で合わせます。
  6. 一旦息を吐いたら、次の吸う息でかかとを上げます 。
    ヨガ
  7. 吐きながらかかとを下げます。
    ヨガ
  8. 呼吸に合わせながらかかとを上下に上げ下げを10回
太もも・ヒップ・背中を引き締めるポーズ
    (1)

  1. 仰向けに寝ます。両手は顔の横に、両膝を立てて 
    ヨガ
  2. 息を吐いて、吸いながら一気に体を持ち上げてブリッジの姿勢
    ヨガ
  3. 可能であれば、両膝を伸ばして閉じままキープここで3~5呼吸 
    (2)

  1. うつ伏せに寝ます。両腕は伸ばして体側に。両足は肩幅に開きます。
  2. 息を吐いて、吸いながら顔と両手、両肘を床から浮かし、両足も床から浮かせたまま3~5呼吸キープ。これを10セット繰り返します。
    ヨガ
キュッと引き締まったウエストを作る
  1. 両足を肩幅に開く 
    ヨガ
  2. 背筋を伸ばして肩や胸が動かないように固定したまま、腰を左右にスライド
    ヨガ
  3. 次に腰と肩が動かないように固定したまま、胸を左右にスライド
    ヨガ
  4. 各3〜5分
    ヨガ
お腹を引き締めて美脚を作る片足クロスステップ
  1. 左膝を上げたら、右足の前にクロスして下ろす、左膝を上げて、左に伸ばして下ろすをワンセットにして10回 
    ヨガ
    ヨガ
    ヨガ
  2. 右膝を上げたら、左足の前にクロスして下ろす、右膝を上げて、右に伸ばして下ろすをワンセット10回

まとめ

いかがでしたか?
お正月太りを手っ取り早く解消するためにも、お正月中に乱れた食生活を正して、ヨガをして内臓をデトックスして、エクササイズは欠かせないもの。

さらには美肌効果もゲットという嬉しいオマケもついてきたりと新年はさらに美しくなっていきましょう。

まずは2週間から始めてみるのがいいでしょう。

美容カウンセラー恵梨
1974年生まれ
東京女子医科大学卒業
都内某有名クリニックで管理主任を務め
美容カウンセラーとして独立。
現在は美容メディアや地方講演など多方面で活躍中。